しみずクリニック

Wi-Fi完備お気軽にご相談ください!
092-562-0075
MENU

肝胆膵内科

Hepato-biliary-pancreatic medicine

肝胆膵内科についてAbout Hepato-biliary-pancreatic medicine

対応する主な病気

  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • 脂肪肝(脂肪性肝障害:NAFLD/NASH)
  • 自己免疫性肝炎
  • 原発性胆汁性胆管炎
  • アルコール性肝障害
  • 薬物性肝障害
  • 肝臓がん
  • 胆のう結石症
  • 胆のう炎
  • 胆のう腺筋症
  • 胆のうがん
  • 胆管炎
  • 胆管がん
  • 急性膵炎
  • 膵臓がん

当院医師は日本肝臓病学会認定肝臓専門医です。

肝胆膵疾患全般の診療を行っております。
肝臓は肝機能の異常があっても無症状のことが多い臓器です。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD: non alcoholic fatty liver disease)

過剰な飲酒歴がなく、組織診断あるいは画像診断で脂肪肝を認め、他の肝疾患を除外できた病態を言います。

NAFLDは肥満・糖尿病・脂質異常症・高血圧を基盤としていることが多く、メタボリックシンドロームの肝病変としてとらえられます。NAFLDは病態の進行がまれなNAFLと肝硬変や肝がんへ進行する可能性のあるNASHに分類されます。

近年、我が国ではNAFLDが大変注目されています。

背景には、日本人の肥満人口やメタボリックシンドロームとともにNAFLDの患者数が増加している現状があります。
肝がんはウイルス性、次にアルコール性が主な原因でしたが、NASHもまた病態が進むと、肝硬変、肝がんへ進行するリスクが高まります。このため、NASHへの進行を見過ごさないように注意が必要になります。

脂肪肝を指摘されたことのある方は定期受診をおすすめします。

アルコール性肝障害(Alcoholic liver disease)

アルコール性肝障害(Alcoholic liver disease)

大量かつ常習的なアルコール摂取に基づく肝障害です。アルコール性脂肪肝やアルコール性肝線維症、肝細胞の炎症と壊死をみるアルコール性肝炎の病態を示し、最終的にはアルコール性肝硬変、アルコール性肝がんに至ります。男性に高頻度です。

女性は男性より短期間に、また少量のアルコールで肝障害をきたすことがわかっています。

B型肝炎(Hepatitis B)

B型肝炎(Hepatitis B)

B型肝炎(HBV感染症)には血液・体液感染(性交渉、針刺し事故、注射器の使いまわし、ピアスの穴あけ、輸血)による成人感染と垂直感染(母子感染)による乳幼児感染があります。

成人感染のほとんどが一過性です。急性肝炎を起こし、ウイルスを排除して治癒することが多いですが、1%以下が劇症肝炎になることがあり注意が必要です。一方、乳幼児感染は、免疫応答が不十分なためにウイルスの排除が起きにくく、90%の症例が持続感染(無症候性キャリア)になることが多いです。

B型肝炎はC型肝炎と異なり抗HBs人免疫グロブリン(HBIG)とHBワクチンにより感染の予防が可能です。
また慢性化しても内服薬継続により肝炎の進展や発がんを抑制します。(当院で治療可能です。)

C型肝炎(Hepatitis C)

C型肝炎ウイルス(HCV)による肝炎を言います。ウイルス性肝炎のうち最も慢性化しやすいという特徴を持ちます。

慢性化すれば徐々に肝臓の線維化が進行し、肝硬変へ移行します。また持続的な炎症により肝細胞がんの発生のリスクも上昇します。
従来C型慢性肝炎の治療にはIFN(インターフェロン)が不可欠でしたが、副作用の問題もあり、投与中止を余儀なくされることも多くありました。

しかし2011年にDAAs(direct antiviral agents:直接型抗ウイルス薬)が登場し、高い確率でのウイルス排除、肝炎の沈静化のみならず肝細胞がんへの抑制効果も期待できるようになりました。(当院で治療可能です。)

自己免疫性肝炎(AIH:Auto immune hepatitis)

中年女性に好発する慢性活動性肝炎です。原因は不明ですが、自己免疫機序の関与が考えられています。
様々な自己抗体が出現しますが、特に抗核抗体と抗平滑筋抗体が重要です。
1/3の症例では橋本病やSjögren(シェーグレン)症候群、関節リウマチなど他の自己免疫性疾患を合併します。副腎皮質ステロイドに対する反応は良好ですが、無治療では肝硬変への移行がみられます。

原発性胆汁性胆管炎(PBC: Primary biliary cholangitis)

「原発性胆汁性肝硬変」という疾患名が長年使われてきましたが、近年は診断・治療法が進歩し、肝硬変までに至る症例が激減したため、2016年に疾患名が原発性胆汁性胆管炎に改められました。

中年女性に好発する、慢性の肝内胆汁性うっ滞をきたす疾患です。病理学的には肝内胆管における慢性非化膿性破壊性胆管炎(CNCDC: chronic non-suppurative destructive cholangitis)が特徴的であり、血中からは高率に抗ミトコンドリア抗体(AMA: antimitochondrial antibody)が検出されます。

発症には自己免疫性機序が想定されており、Sjögren(シェーグレン)症候群、関節リウマチ、橋本病といった他の自己免疫性疾患の合併も多いです。骨軟化症や骨粗鬆症の合併も認めます。早期に診断される例が多く、無症候性のものが80%を占め、症候性のものは、皮膚掻痒感、疲労感、黄疸などを伴います。

薬剤性肝障害(Drug-induced hepatitis)

薬物(健康食品、サプリメントや漢方薬)によって肝細胞障害もしくは胆汁うっ滞が生じる病態です。肝臓は多くの薬物を代謝・分解する臓器であるため、薬物による障害が発生しやすい状況にあります。
無症状で肝機能障害のみを指摘されるものから、急性肝炎や劇症肝炎の病態を呈するものまで幅広く、薬物投与と肝障害の出現・消退の時間関係、他の疾患の除外診断の2つが診断において重要です。

検査と治療

検査

問診・血液検査・腹部エコー検査を実施します。
腹部エコー検査では、肝臓の形態(肝硬変の有無)・肝腫瘍の有無を調べるだけでなく、胆のう・胆管の評価・膵臓の評価も同時に行います。
CT検査やMRI検査などの追加精密検査が必要かどうかも判断します。

治療

上記検査にて最適な治療法を決定します。場合によっては専門医療機関への紹介も行います。

pagetop