しみずクリニック

Wi-Fi完備お気軽にご相談ください!
092-562-0075
MENU

小児科

Pediatrics

小児科についてAbout Pediatrics

小児科の診療

小児科の診療

小児科全般の診療を行います。
感染症(咳、鼻水、発熱、気管支炎、肺炎、胃腸炎、中耳炎など)やアレルギー疾患(喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症など)をはじめ、発疹、腹痛、頭痛、便秘、夜尿症など様々なお子さんの疾患に対応させていただきます。 お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

ガイドラインに沿った標準的な治療を心がけるとともに、一人ひとりのお子さんとご家族に合わせた診察・治療に努めて参ります。
より高度な医療・入院が必要と思われるお子さんは、適切な医療機関にご紹介させていただきます。

予防接種〈主なワクチンの種類〉

0歳からのワクチン
  • Hib(ヒブ)ワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • ロタウイルスワクチン
  • 4種混合ワクチン(DPT-IPV)・2種混合ワクチン(DT)
  • BCG
1歳からのワクチン
  • MR(麻しん風しん混合)ワクチン
  • 水痘(みずぼうそう)ワクチン
  • おたふくかぜワクチン
3歳からのワクチン
  • 日本脳炎ワクチン

Hib(ヒブ=インフルエンザ菌b型)ワクチン

対象:生後2ヶ月から開始。5歳の誕生日前日まで接種できます。4~8週間隔で3回接種します。3回目から7ヶ月〜13ヶ月以上後に4回目を追加接種して完了です。

!Hib(ヒブ)はヒトからヒトに飛沫感染します。乳幼児期に髄膜炎や喉頭蓋炎など重症感染症を起こす菌です。これらの疾患は命に関わることや後遺症を残すこともある重篤な疾患です。

小児用肺炎球菌ワクチン

対象:生後2ヶ月から開始。5歳の誕生日前日まで接種できます。標準的なスケジュールでは4週間隔で3回接種します。生後12ヶ月から15ヶ月に4回目を接種して完了です。5歳未満は公費(無料)です。

!乳幼児期に敗血症や髄膜炎を起こします。肺炎や中耳炎の原因菌としても多いです。ワクチンは主に前者を防ぐ目的で行われています。

4種混合ワクチン(DPT-IPV)

対象:生後3ヶ月から開始。3~8週間隔で3回接種します。6ヶ月以上後、標準的には1年から1年6ヶ月後に4回目を追加します。7歳6ヶ月までに完了するようにしましょう。

!4種とは、ジフテリア、百日咳、破傷風およびポリオ(急性灰白髄炎)を指します。ジフテリアとポリオは国内での感染はほとんどありませんが過去には重症者が出ていました。百日咳は乳児では重症の咳や呼吸困難で命に関わることもあります。破傷風は怪我をした傷口から菌が入り、痙攣や麻痺をきたす死亡率の高い疾患です。

4種混合ワクチン(DPT-IPV)

対象:生後11ヶ月(1歳未満)までに1回接種します。ヒブ、肺炎球菌、4種混合の接種がひと段落する生後5ヶ月以降に接種することが多いです。

!結核を予防します。結核は成人では肺結核の長引く咳や熱が有名ですが、乳児では全身に結核菌がめぐって髄膜炎や粟粒結核という致死的な疾患を起こします。

麻疹・風疹(MR)ワクチン

対象:1歳から2歳の間に初回接種をします。第2期は小学校入学前の1年間に行います。

!麻疹は発熱、発疹から肺炎や脳炎などの合併症をきたす疾患で、非常に強い感染力があります。風疹は‘3日はしか’とも呼ばれた発熱、発疹をきたす疾患で、妊婦が感染すると赤ちゃんに重篤な障害が出る可能性があります。

水痘(みずぼうそう)ワクチン

対象:1歳になったらすぐに(1歳3ヶ月までに)1回目を接種します。2回目は初回から3ヶ月以上、標準的には6ヶ月から1年あけます。忘れずに2回目の接種を受けましょう。

!みずぼうそうとも呼ばれるウィルス感染です。全身に水疱疹が多発し、重篤な状態にいたることもあります。帯状疱疹も同じウィルスが原因で発症します。

日本脳炎ワクチン

対象:生後6ヶ月から7歳半まで接種可能です。標準的には3歳で2回(1~4週間隔)、その後に6ヶ月以上あけて4歳頃に1回接種します。9~12歳に第2期の接種を追加します。

!蚊が媒介する日本脳炎ウィルスの感染で、急性脳炎を引き起こします。半数程度の方が後遺症を残す、治療法のない重篤な疾患です。日本での発症はきわめて稀ですが、東南アジアなどで流行があります。

2種混合(DT)ワクチン

対象:11歳以上13歳未満に1回接種します。

!4種混合に入っているジフテリアと破傷風について追加接種します。

ロタウイルスワクチン

対象:ワクチンの種類(1価、5価)により接種スケジュールが異なります。生後6週から接種でき(推奨は8週から)、4週間隔で2回または3回接種します。
接種できる期間が短いので生後8週から、遅くとも15週未満までに受けるようにしましょう。

!ロタウィルスは乳児の胃腸炎を起こす代表的なウィルスです。嘔吐がひどく水分がとれなくなると脱水になり重篤な状態になります。小さい子ほど入院して点滴する必要性が高くなります。胃腸炎関連けいれんや脳炎を合併することもあります。

B型肝炎ワクチン

対象:生後2ヶ月から接種できます。初回から4週以上あけて2回目、さらに20~24週あけて3回目が標準的な方法です。

!代表的な肝炎を起こすウィルスです。感染がつづくと慢性肝炎、肝硬変や肝がんになることもあります。

おたふくかぜワクチン

対象:1歳から接種できます。MRワクチンと同様に1歳頃と5~6歳の2回接種が薦められています。

!ムンプスウィルスの感染で、発熱や耳下腺(耳の下にあるだ液腺)の腫れが特徴です。頭痛をきたす髄膜炎や難聴や精巣炎など重い合併症もあります。

乳幼児健診 Infant medical examination

乳幼児健診

乳幼児健診では、お子さんの発育・発達の状態、気になることや病気がないかを確認させていただきます。また、育児上のご不安やお悩みをお聞きし、解決するお手伝いをさせていただきます。

保護者の方と一緒に子育てをするつもりで考え、お子さんが健康的に成長できるよう応援させていただきます。
6~7ヶ月健診、9~10ヶ月健診、1歳6ヶ月健診は、区から配布される健診票を持参して受けていただけます。

6~7ヶ月児健診

内容 計測、診察
対象時期 6~7ヶ月
受診票配 3~4ヶ月児健診時に受診票が配布されます。

9~10ヶ月児健診

内容 計測、診察
対象時期 9~10ヶ月
受診票配 3~4ヶ月児健診時に受診票が配布されます。

1歳6ヶ月児健診

内容 計測、診察
対象時期 1歳6ヶ月~2歳未満
受診票配 1歳6ヶ月目の頃、個別に受診票が送付されます。

ご持参いただくもの

  • 健康保険証
  • 乳児医療証
  • 母子手帳
  • 乳児健康診査受診票 など
pagetop