電話予約 電話予約
内視鏡検査 内視鏡検査

生活習慣病

健康診断で引っかかった方へ

そのまま放置せずにきちんと治療を

会社などの健康診断で血糖値や血圧値、脂質値などの異常を指摘された方は、そのまま放置せずに、福岡市南区で総合的な内科診療を行うしみずクリニックへご連絡ください。
生活習慣病の可能性があります。
生活習慣病は動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞などの脳血管疾患・心疾患を起こす原因となります。

自覚症状に乏しい病気なので、今は大丈夫でも、将来的に重大な病気を引き起こす可能性があります。

生活習慣の改善をアドバイスします

生活習慣病の治療の基本は、食事や運動、ストレスとの付き合い方などの生活習慣の改善です。
生活習慣の改善は継続してもらうことが一番大事で、上手くいく方、そうでない方それぞれですが、その方のライフスタイルやお仕事などを把握したうえで、続けられる改善を提案します。

理想ばかり言うのではなく、「まずはストレスのない範囲から始めましょう」とアドバイスし、短期的な目標と長期的な目標を立てて、一緒になって健康的な生活を目指していきます。

生活習慣病

食事、運動、飲酒・喫煙、睡眠、ストレスなどの生活習慣が原因で発症する病気の総称です。
自覚症状がないまま進行して動脈硬化を促進させ、脳梗塞や心筋梗塞などを起こす可能性があります。
生活習慣の改善を地道に続けて、病態をコントロールすることが重要となります。

糖尿病

インスリンが機能しなくなったり、まったく分泌できなくなったりして、血液中のブドウ糖(血糖)が過剰に増えた状態(高血糖状態)が糖尿病です。
すい臓の膵β細胞が壊れてインスリンがまったく分泌できなくなった1型と、生活主習慣を起因とする2型に分かれますが、糖尿病患者様のほとんどは2型です。
高血糖状態が続くことで血管に負荷がかかり、動脈硬化を進めて脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高まります。
また、毛細血管へ大きなダメージを与えることで、網膜症・腎症・神経障害などの合併症も引き起こします。

高血圧

高血圧は動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞などの脳血管疾患・心疾患の大きなリスクとなります。また糖尿病発症との関連性に関しても近年指摘されています。

脂質異常症(高脂血症)

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い状態が脂質異常症(高脂血症)です。
余分な脂質が血管の内側に付着することで、動脈硬化を促進させます。冠動脈疾患(心筋梗塞)に関連します。

高尿酸血症・痛風

血中の尿酸値が高い状態を高尿酸血症と言い、尿酸が結晶化して関節に溜まり、激しい痛みを引き起こすものを痛風と言います。
尿酸はプリン体によって生成されるため、プリン体を多く含む食品・飲み物を控えることが重要となります。生活習慣の是正、内服が治療になります。

メタボリックシンドローム(メタボ)

内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のいずれか2つに該当する状態がメタボリックシンドローム(メタボ)です。
メタボの方は生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)のリスクが高く、さらに動脈硬化を進めて脳梗塞や心筋梗塞、腎不全などの重大な病気を引き起こす可能性が高くなります。
メタボの始まりは肥満ですので、予防のためには食事の改善や積極的な運動など、生活習慣の改善が重要となります。

〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋4丁目9-16

診療内容
診療時間 日・祝
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日
受付時間:午前診療12:30まで/午後診療17:30まで